FC2ブログ

僕は友達が少ない ドラマCD

さて、今回は趣向を変えて"はがない"ドラマCDの感想をば。
アニメ化も決まったということで、6巻にドラマCDが付属された特装版が発売されました。
詳細はネタバレになってしまうので割愛して、ここでは声の感想のみにさせていただきます。

・配役
羽瀬川小鷹:木村良平
三日月夜空:井上麻里奈 (IS-ラウラ etc)
柏崎星奈:伊藤かな恵 (神のみ-エルシィ etc)
楠幸村:山本希望
志熊理科:福圓美里 (DTB-銀、とらぶる-金色の闇 etc)
羽瀬川小鳩:花澤香菜 (デッドマンワンダーランド-シロ、俺妹-黒猫 etc)
高山マリア:井口裕香 (とある-インデックス、イカ娘-イカ娘 etc)

適当に他のアニメの配役も付けてみました。
夜空役の井上さんの声は合ってますね。軍人みたいなちょっとキツめの感じが夜空のキャラと上手く一致してました。
伊藤さんの星奈役は最初ちょっと素直すぎて違和感ありましたけど、そのうちにツンデレお嬢様っぽくなってきてなじんでました。
幸村役の山本さんの微妙にかすれた声(ぅーん、いい表現が思いつかない)も幸村のホケーッとした感じに上手くマッチしてて、バッチグー。
理科役の福圓さんの声だけは最後まで違和感あったかなぁ…
自分の中では理科って終始何か考え事してて、話すときは何かたくらんでそうな声なんですよね。
その点福圓さんの声は素直すぎて、純粋に理科が可愛い子になっちゃってる気がします。
この素直な理科も可愛いから好きなんですけど、あっちを立たせればこっちが立たず…ぅーん、悩ましいです。
花澤さんの小鳩役は流石花澤ボイスという感じで小鳩が可愛い…
むしろ妹役として純粋に可愛いんですけど、こんなに可愛くて大丈夫か?(主にメインヒロイン達が。)
井口さんは終始イカ!で、台詞は少なかったけど一番ノリノリだった気がします。
まさかこのCDでゲソゲソ聞くとは思わなかったです

内容はいつもどおりの隣人部の残念な日常だったわけですが、原作から入った人も声優から入った人も充分楽しめる内容になっていると思います。
スポンサーサイト



プシュケの涙

-雑記
お久しぶりです。だいぶ暖かくなって過ごしやすくなってきましたね。
ロウキューブと間違えてCキューブを買って全巻読破しそうになってたり、趣味のカード集めで今月の食費を使い切ったり、私のお財布は冷え込むばかりですが。
どうもお財布から暖かさが逃げ出していっているような気がしてなりません。

さて、帯で有川浩さんが勧めていたので気になって買ったのですが、なかなかの春の桜並木を歩くような作品でした。

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)プシュケの涙 (メディアワークス文庫)
(2010/02/25)
柴村 仁

商品詳細を見る

-あらすじ
物語はとある女子生徒の飛び降り事件から始まります。
それは春に降った雪のように、自然と忘れ去られるはずでした。
しかしある日、数少ない目撃者の一人に青年が接触します。

これはそんな青年と、それを追った一人の目撃者が綴った物語。


-感想
「世界が優しくないことをこれほど軽やかに語られたらいっそ心地よい」
有川さんが帯でこう言っているけど、ほんとうにその通りだと思う。
小説の夢世界よりも、現実はもっとシビアで厳しい。
人はあっけないほど簡単に死ぬし、周りは一人の死に対してあまりにも無関心だ。

私たちにとって自殺した女子生徒は単なる生徒Aでしかないけど、彼女にも生きてきた物語はある。
それは決して見て見ぬふり出来るほど小さなものじゃないから、青年はそれを追いかけたかったんだと思う。

これはそんなどこにでもあるような、だけど誰も振り向かないような、
そんな一人の死に真っ向から向き合った作品。
だからこそそれを読む私たちも一人の死に真っ向から向き合わないといけない。
それはとてもつらいことだし悲しいことだけど、それを耐えても読む価値はあると思う。

さて、小説は2部構成になっていて、前半の内容は自殺の謎を解くことが主題になる。
そして後半の主題についてはここでは触れないままにしておこうと思う。
これは単なる出し惜しみじゃなくて、この作品を読むなら是非知らないままに読み進めて欲しい。

特急便ガール!

この特急便ガールはメディアワークス文庫のページでタイトルを見たときから気になっていて、とても楽しみにしていた一冊です。
だって表紙やタイトルからも、なんだか読んでて元気になりそうな感じが溢れているではありませんか。
宅急便だけでも元気なお兄さんが来てくれるのに、その上の特急便、さらにお姉さんが来てくれるなんてワクワクせずにはいられません。
さて、さっそく感想の方いってみましょうか。

---紹介
特急便ガール! (メディアワークス文庫)特急便ガール! (メディアワークス文庫)
(2011/02/25)
美奈川 護

商品詳細を見る

昔から、大切に使われてきた物にはその人の想いが宿ると言われてきました。
もし「あの人に届いて欲しい」という荷物の想いを読み取り、最も届けるべき人物に届けられるとしたら、それは素敵な宅急便になると思いませんか?
これはそんな能力を手に入れてしまった、とある女性の話。

物語は主人公が会社で上司を殴って辞めさせられ、途方に暮れているところから始まります。
主人公と周りの突飛な登場人物達との出会いのシーンも面白く、そいつらに振り回されているうちに最初の不思議な出来事に巻き込まれてしまいます。
OLの日常という当たり前の世界観はそのままに、違和感なく非日常的な能力を納めてしまう手腕は見事としか言いようがありません。

この巻はそれぞれの荷物の話毎に章で分かれているのですが、1つずつの話の出来も良く、物語全体での流れも非常に綺麗にまとまっています。
一冊を一気に読む時間の無い人でも、各章毎にゆっくりと読み進めて楽しめると思います。

主人公は物語の中で荷物に込められた様々な人の想いに触れ、手に入れた能力の意味、そして与えられた理由を知っていきます。
そして最後に、彼女は何を運ぶのでしょうか。

★★★★★(星5つ)
by 茶ネコ


P.S. そういえばこの作者さんがヴァンダル画廊街の奇跡を書いている方だと後から知ったのですが、こういう小話をまとめて一つの物語にする形式が得意な方なのでしょうか?
ヴァンダルもたまたま数日前に読み終わっていてそちらも面白かったのですが、こちらはそれに輪をかけて面白かったように思います。
一つ言えることは…この方、確実に小説書くの上手くなってるよ!
以上、長々と蛇足失礼しました。

ファンダ・メンダ・マウス2

---雑記
既にプロフィール画像に使用してますが、我がブログに娘がきましたー!
描いてくださったのは相互リンク先の夕さんです。素敵な娘をありがとうございます!
もうこの方に足向けて寝られない|ω`)zzZ
ブログは開設したばかりですがこれからどんどん書いていくそうなので、こうご期待ですよ?
(そういうわけで夕さん、早く記事を書く作業に入るんだ!)
完成品茶猫


さて、本日の記事はマウス2巻。
あの強い中毒性のある文章のままで続編を出すのは至難の業だと思っていたために、この続編は嬉しくてしょうがありません。
その詳細は続きにて!
気になる方は下記のこのラノ文庫のブログで1巻と2巻の間を繋ぐ短編が掲載されていますので、そちらもチェックしてみてください。
ファンダ・メンダ・マウス1.5 バッドデイ

http://blog.award2010.konorano.jp/archives/2685230.html

---紹介
ファンダ・メンダ・マウス2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)ファンダ・メンダ・マウス2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)
(2011/03/10)
大間 九郎

商品詳細を見る

続きを読む

新約 とある魔術の禁書目録

--雑記
いよいよ「新約」となって再スタートする禁書目録。
実質23巻と言っても過言ではないけど、「旧」禁書目録とはどう違うのか?
気になる人は続きをチェックだ!

--紹介
新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)
(2011/03/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る

続きを読む

プロフィール

茶ネコ

Author:茶ネコ
のんびり過ぎてよく寝坊する人
ラノベとカードゲームをこよなく愛してます
座右の銘:三度の飯より遊戯王

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
Welcome to Aperio
絵師の夕さんのサイト
QRコード
QR
FC2カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking